推しさんが愛くるしすぎてつらい

推しが好きすぎて辛い
推しが可愛すぎて辛い
アラサーアイドルヲタクの戯言
<< 月並みな望みごと | main | ファン失格 >>
(ほぼ)単独イベントに行った話
ほぼ、というのは、人気メンバーと2人だったからです。
ええ、抱き合わせです。
抽選で30人に運良く選ばれたんです。
今年の運、使い切ってしまったなっていうぐらいうれしかったです。

同じく当選した友人Cちゃんと一緒に行きました。
彼女は、どちらも推しではなくて、hanaちゃんが応援してる子のイベントだー応募してみよ☆で当たったラッキーガールです。
不思議と、結果発表の日を忘れていたりとか、欲がない方が当たったりしますよね。

当日、推しさんファンの子が1人、判別できました。うれしい!
…以上。
えっ…残り全部人気メンバーのファンじゃない…???(Cちゃん除く)

運営さんもっとちゃんと抽選してよ…って思いました。
ですが、ある意味比率としては正しいから厳正な抽選を行ってくれたんですね。
悲しいことに。

そして私は、ここまで酷いと思わなかったために、人数が少ないことの恥ずかしさから普通の格好をして来てしまいました。
推しさんファンかどうかわからない格好です。
しかも、普段使いしている推しさんグッズも全て置いて来るという徹底ぶりです。

何やってだ。人目がなかったら会場の柱に頭打ち付けてました。
ここから私の鬱タイムが始まります。
席は自由だったにも関わらず、Cちゃんに唆されたにも関わらず、私は2列目の端っこに座ってしまいました(一番前が一番イスが多くて、一番後ろが一番少ない感じで、全部で4列ぐらいでした)。

それでも推しさんは本当にいつも以上に近くて、そして衣装も私服みたいで可愛かったです。
こんな少人数なのに、少し緊張しているのか声が上ずって震えていました。
普段あんな大舞台なのに、不思議です。
より一層推しさんを愛おしく思いました。

わたしは推しさんを見つめることしかできませんでした。
リアルに涙目でした。
私が当選しなかったら、もっと推しさんアピールする人がイベントに参加できていたかも知れないのに、とウジウジ考えていました。

続きます
| Auther : hananoki | 推しさんのこと | 22:38 | - | trackbacks(0) |

↑ pagetop

trackbackurl この記事のトラックバックURL
http://hananoki.tblog.jp/trackback/348100
trackback トラックバック

↑ pagetop

sun mon tue wed thu fri sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>