推しさんが愛くるしすぎてつらい

推しが好きすぎて辛い
推しが可愛すぎて辛い
アラサーアイドルヲタクの戯言
<< 推しさんへの差し入れ事情 | main | (ほぼ)単独イベントに行った話 >>
月並みな望みごと
「推しさんにどうしてもらいたいの」って友だちに聞かれて、言葉に詰まりました。
人に何かをしてもらって幸せになろうという発想がなかったからです。
確かに、推しさんに握手をしてもらったら幸せになれるけれど、握手券を買って列に並んだり、「このポーズお願いします」と声をかけるなどの意思表示はします。
ま、まあ緊張して半分以上うまく言えませんが!

友だちは「推しさんに覚えられたくないの?」と続けました。
私の答えはNOです。
もちろん、「また来てくれた」「ファンのおかげで頑張れる」と、良いイメージで認知をもらえるのであれば、とてもありがたいし、うれしいと思います。
そりゃあwin-winだし相思相愛が一番いいに決まってます。

だけど、「あいつまた居る」「こっち見るな」っていう風に、悪いイメージで受け取られるのであれば、私は認知なんてない方がうれしいです。
私は残念ながらキモいヲタクなので、覚えられた場合に後者になる可能性が高いです。
なので、覚えられたいか、という問いにはいいえ、と答えざるを得ません。

普段の生活で、幸せに、楽しく生きるために自分でできることをした上で、できないところは人や施設に頼りますが、その際もできるだけわかりやすく言葉にしてお願いをしたいなと思います。
恋愛でも、「風邪引いていたのに彼が○○してくれない」「彼が電話してくれない」って言うカップルは大概うまく行かないイメージです。
自分がして欲しいことを伝えずに、自分が思っていることがしてもらえると思い込んでたら、減点方式で段々「私の望むことをしてくれない!」「気が利かない!」って愛情が冷めていくのではないかなと思います。

色んな友だちの話を聞いて、やって欲しいことは相手に伝えた上で、自分も相手も努力した上で、思い通りにならなかったとしても、落としどころを見つけられないとうまくいかないなって感じました。
人対人って難しい。
感情のコントロールと、心の余裕が必要ですね。

まあ、覚えてほしかったら、覚えてくださいとお願いしていると思います。
それでもそういったファンは多いでしょうから、覚えきれないとは思いますが。
でも、推しさんに何をしても、どんな手を使っても、何が何でも覚えてもらいたい、とは思わないです。

推しさんが勝手に覚えてしまう分にはもうどうしようもないと言うか、仕方ないと思います。
まあ絶対ないです。
万が一、来るなって言われたら(ry

推しさんには多分、大切な恋人さんがいます。
私は、この年になって、一日中きゅんきゅんしたり、気もそぞろな程心配したり、思い出してぼーーーっとしちゃったり、中学生みたいな感情をくれる推しさんにどうなってほしいのかなって考えました。
綺麗事で、月並みだけど、やっぱり推しさんには幸せになってもらいたいです。

仕事が辛くても、理不尽でも、楽しく暮らせているのはやっぱり推しさんのおかげです。
それは、とってもありがたいし、推しさんと同じ世界に、同じ時代に生きられて良かったです。
私は推しさんを幸せにすることはできないけれど、せめてファンとして、応援したいなって思います。

推しさん、いつも幸せな気持ちをありがとうございます。
同じぐらい幸せな気持ちで、推しさんが過ごせますよう。
| Auther : hananoki | 推しさんのこと | 23:59 | - | trackbacks(0) |

↑ pagetop

trackbackurl この記事のトラックバックURL
http://hananoki.tblog.jp/trackback/348081
trackback トラックバック

↑ pagetop

sun mon tue wed thu fri sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>