推しさんが愛くるしすぎてつらい

推しが好きすぎて辛い
推しが可愛すぎて辛い
アラサーアイドルヲタクの戯言
<< はじめまして | main | 推しさんと目が合う >>
ご迷惑にはなりたくない
推しさんに初めて差し入れをしたとき、一番強く思っていたことです。

出待ちができる会場で、メンバーのファンではないけど一緒にライブ参加してくれた友だちが付き合ってくれました。
推しさんが出てきたのは最後で、待っているのも残り私たち2人だけでした。

推しさんを見て固まる私に、友だちが「推しさんの名前呼ぼうか?」って聞いてくれました。
呼ぶの怖いけど、それ私がやらなきゃ意味がないじゃんって、奥歯ガタガタさせながら声をかけたら推しさんが私たちの方へ来てくれたんです。
紙袋を渡したら、何故か受け取った推しさんスッって手を差し出してくれました…。

ので、自然に握手させてもらいました。
これ、すごくうれしかったんですけど、何で推しさんのお手をお触りできたのか今でも不思議です。

興奮しすぎてその日はベッドでゴロゴロゴロゴロ転がりすぎて全然眠れませんでした。
推しさんお花のとってもいい匂いがしました…。(脳内補正あり)

握手のあと、友だちがいきなり推しさんに、「あの!この子にサインしてあげてください!!!」って頼むんです。
「いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

いや、CDとかグッズとかそれなりに買ったひとがもらうものだからそれ!!!!!
「ご迷惑にはなりたくないんですううううううううううううううう!!!!!」
って後ずさったらなんでか推しさん待ってくれてるううううううううう!!!!!

結局、パンフにサインもらいました。
両手で本持ってたら、勢い良くサイン書く推しさんの手が当たりました。
張り切ってくれてたんですかね。だとしたらじんわりうれしいです。
私は緊張しまくってて顔がこわばってました。絶対。怖い顔してました。

いま、推しさんのサイン積んだもの含めて結構持ってるけれど、このサインはやっぱり特別です。
日付は入ってないですが。
見たら元気になれるし、あの日の推しさん思い出せてすごく幸せな気持ちになります。

ファンが他にいなかったっていうのと、その頃たまたまグループの人気が落ちてたからサービスしてくれたんでしょうけど。
人気ある今だと考えられないなあって思います。
友だちの無茶振りにも結果的にとても感謝しています。

推しさんを推すようになって、ファンって何だろうって考えることが増えました。
ぐるぐる考えて、一番最後に思うのがやっぱり「ご迷惑だけにはなりたくない」です。
推しさんが私のことを「迷惑です」「嫌いです」ってもしおっしゃったら、私は茶の間になります。
もしくは絶対見つからないように後ろの席に行くかな。

好きになってもらえなくてもいいから、嫌いにはならないでほしいなってずっと思っています。
まあ、その前に推しさんが覚えてないだろうっていう。
| Auther : hananoki | 推しさんのこと | 19:10 | - | trackbacks(0) |

↑ pagetop

trackbackurl この記事のトラックバックURL
http://hananoki.tblog.jp/trackback/347897
trackback トラックバック

↑ pagetop

sun mon tue wed thu fri sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>